安全運転管理者制度

安全運転管理者制度とは

官公庁、民間企業等多数の自家用自動車を保有する事業所における自動車の交通事故を防止するために、それぞれの自動車の使用の本拠ごとに安全運転を確保するための管理者をおき、その管理者によって専門的に交通事故防止の措置がとられることを目的としています。

安全運転管理者等を選任する義務

道路交通法第74条の3において、自動車の使用者は、自動車の安全な運転に必要な業務を行わせるため、安全運転管理者、又は、副安全運転管理者(以下『安全運転管理者等」という。)を選任しなければならないことを定めています。

安全運転管理者等の選任を必要とする自動車台数

安全運転管理者 副安全運転管理者
  • 乗車定員11人以上の自動車にあっては1台以上
20台~39台 1人
40台~59台 2人
  • その他の自動車にあっては5台(大型自動二輪車、又は、普通自動二輪車1台は0.5台として計算する)
60台~79台 3人
(以下、同様の基準により選任する。)
  • ※ひとつの会社で複数の事業所(支店・営業所等)が存在する場合、自動車の使用の本拠ごとに自動車台数が規定の台数以上であるかを基準と照らし合わせて選任すること。

例)

本店 乗用車3台 選任は不要です。
(例え本店でも、基準以下ならば選任する必要はありません)
A支店 乗用車5台 選任が必要です。
B支店 乗用車4台  ・・・ 4台 5.5台となり 選任が必要です。
自動二輪車3台・・・1.5台

安全運転管理者等の要件

安全運転管理者 副安全運転管理者
  • 20歳(副安全運転管理者を選任しなければならない場合にあっては30歳)以上
20歳以上
  • 自動車の運転管理に関し2年(自動車の運転管理に関し公安委員会が行う教習を終了した者にあっては1年)以上実務の経験を有する者

自動車の運転の管理に関し1年以上実務の経験を有する者か

自動車の運転の経験の期間が3年以上の者
又は、これらと同等以上の能力があると公安委員会が認定した者 又は、自動車の運転の管理に関し、上記の者と同等以上の能力を有すると公安委員会が認定した者
  • 過去2年以内に公安委員会の安全運転管理者等の解任命令を受けたことのない者。
  • 過去2年以肉に次の違反行為をしたことのない者
◎ひき逃げ交通事故。
◎酒酔い運転/麻薬等運転/無免許運転
◎酒酔い・酒気帯び運転/麻薬等運転/過労運転/無免許・無資格運転/
 最高速度違反/積載制限違反運転/放置行為の下命・容認
◎自動車の使用制限命令違反

自動車運転代行業者について

自動車運転代行業者は、その自動車代行業の営業所ごとに安全運転管理者を選任しなければならない。
【自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律第19条】

副安全運転管理者の選任について
安全運転管理者の業務を補助させるために、規定の台数以上の随伴用自動車を使用する営業所ごとに、副安全運転管理者を選任しなければならない。

自動車の台数 副安全運転管理者数
9台まで 0人
10台~19台まで 1人
20台~29台まで 2人
30台~39台まで 3人
40台~49台まで 4人
(以下、同様の基準により選任する。)

運転代行業者における安全運転管理者の届出は、本社の所在地を管轄する警察署の交通課

提出書類

届出に必要な書類

自動車の使用者は、安全運転管理者等を選任したときは、次の書類を整えて選任した日から15日以内に自動車の使用の本拠地を管轄する公安委員会に届出をしなければならない。


届出は、使用の本拠地を管轄する警察署の交通課(大津警察署は交通第一課)です。
(但し、運転代行業者における安全運転管理者は、本社の所在地を管轄する警察署の交通課)

1 安全運転管理者に関する届出書 2通 記載例
副安全運転管理者に関する届出書 2通 記載例

2

戸籍抄本又は個人番号が記載されていない住民票の写し(コピー不可)、若しくは申立書
※1 県内に居住で市町の住民基本台帳に記録されている方は、
  申立書を提出することにより住民票等の写しの提出を省略することができます。
※2 外国籍の方で住民基本台帳法の適用を受けない場合にあっては
  氏名、生年月日等が確認できる運転免許証、旅券の写し。
1通 -

3

運転記録証明書
申込用紙に所定事項を記入のうえ手数料を添えて郵便局又は自動車安全運転センターの窓口へ出して下さい。
※運転記録証明書は、3年間以上が必要ですので、「運転経歴に係る証明書申込用紙」を使用し、「3年間に1通」と記入して申請してください。
申し込み用紙は最寄りの警察署、交番・駐在所にあります。
提出していただく書類は運転免許経歴証明書ではありませんので、ご注意ください。
1通 記載例

4

写真
(大きさ:縦3cmx横2.4cm 免許証用サイズ)
1枚 -

5

運転経歴・職務経歴証明
(資格要件に該当する項目内容を記入)
1通 記載例
6 自動車運転免許証の写し
(副安全管理者で運転管理の実務経験が1年未満の者は必要。)
1枚 -

申し込みをされる方へ

届出書の提出に合わせ、安全運転管理者手帳の申し込みもして下さい。
(安全運転管理者手帳は、滋賀県安全運転管理者協会が作成発行しているものです。)
安全運転管理者手帳申込書1通
安全運転管理者手帳代1,000円

その他

再交付手続きについて
管理者証・・・写真1枚(免許証用サイズ)、免許証等(住所確認のできる書類)をご用意下さい。

お問い合わせ先

(一社)滋賀県安全運転管理者協会
TEL:077-526-4585

手続き書ダウンロード

安全運転管理者等届出書の記載内容の変更

安全運転管理者 副安全運転管理者
安全運転管理者届出書 2通 副安全運転管理者届出書 2通
変更になった事項(名称等)を該当欄へ記入し、備考欄に変更以前の内容を記入する。

安全運転管理者等の解任

安全運転管理者 副安全運転管理者
安全運転管理者届出書 2通 副安全運転管理者届出書 2通
「届出者」、「使用の本拠」、「前安全運転管理者」欄の氏名・解任年月日・解任事由を記載し届け出る。
但し、解任事由欄の台数減に○印をつけた場合は、届出書内の自動車台数欄に解任後の車両台数を記入する。

届出窓口

届出の窓口は、使用の本拠地(事業所の所在地)を管轄する警察署の交通課となります。届出に関する疑問等は管轄警察署交通課にお問い合わせ下さい。

滋賀県警察の連絡先と所在地一覧(滋賀県警察の広場)